« パワーアンプ | トップページ | 活水器 »

2003年1月17日 (金)

チューナー

A50


LAX A50
FSKで電源ケーブルとヒューズを改造して貰っています。

Pict0441


出力ケーブルだけFSKのヘッドホン用ケーブルに交換してシールドにするために銅テープを巻いています。これだけの改造でも音がすっと締まって美しくなりました。

録音のいいレコードは最高だけどCD・並のレコードの音質より遙かにNHKのライブ勝っていると思います。FSKの核付きケーブルで聞くとデジタル放送とは思えない艶のある美しい音を奏でます。アナログ放送の時はさらにいい音でした。デジタルに変わって本当に残念です。
個人的に加工した音が苦手なので無圧縮・無加工のライブ音源はかなりお気に入り。
チューナーのコンデンサーが古いためか、中域ばかり強いメガホンを口にあてたような音になるのが残念です。コンデンサーの交換も考えたのですが、技術的にも資材的にも無理っぽいのであきらめています。

|

« パワーアンプ | トップページ | 活水器 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188693/15104401

この記事へのトラックバック一覧です: チューナー:

« パワーアンプ | トップページ | 活水器 »