« 超おすすめイヤホン・マイク | トップページ | タイムドメインのスピーカーキャリブレーション・イコライジング »

2007年9月28日 (金)

MacBook内蔵スピーカーキャリブレーション

オーディオチェックCDで細かく聴いていくと音楽CDではつかめなかったMacBookの傾向が見えてきました。

ダウンロード 2020000Hz.mp3 (2347.1K)正弦波スポット信号で細かく見ていくと350Hzあたりから中域が強くなる。630Hz 700Hzあたりが強いけどイコライザーでは調整できない・低域は315Hzあたりから段々弱くなって160Hz以下は殆ど音楽になりそうにない。この帯域は人の声が含まれているので、MacBookだと倍音しか再生できないのですね。

高域は12500Hzまでは聞こえるがそれ以上は耳鳴りと区別が付かない(笑

どうやってもフラット聞こえる様には出来ないので取りあえず。

Macbook_3


32k 64k 125kはレベルを上げてもスピーカーは再生できません。125kは若干変化しますのでもう少し上げたいところですが、歪みがでます。どうですか。バランスは聞きやすくなったと思います。

ちなみに海外では「iTuneのパーフェクトイコライザ設定」と呼ばれている設定は以下の通りです。ご参考までに。

Perfect

|

« 超おすすめイヤホン・マイク | トップページ | タイムドメインのスピーカーキャリブレーション・イコライジング »

オーディオ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私はデジタルアレルギーを名のりますが、アナログ音源のニューリリースが無いので、デジタル音源も使用します。

デジタルと言えば専門はコンピュウターですからね。パソコンからdbxのDriveRackプロセッサーに繋いで、音量からイコライジング、ルームチューニングまで全て完璧に行えます。スピーカーのネットワークも必要無し。DriveRackがマルチスピーカーをフルレンジの様に鳴らしますよ。
ここまで書くとアナログよりデジタルかと思うでしょうが、音楽表現はやはりアナログには劣ります。デジタル便利なのですがねぇ。

投稿: デジタルアレルギー | 2009年8月16日 (日) 22時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188693/17472501

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook内蔵スピーカーキャリブレーション:

« 超おすすめイヤホン・マイク | トップページ | タイムドメインのスピーカーキャリブレーション・イコライジング »