« ONKYOスピーカーが大変なことに | トップページ | 豪州 アボリジニに過去の政策を謝罪へ »

2008年2月14日 (木)

人類の広がりをDNA分析で調査する

米国ナショナル ジオグラフィック協会とIBMは共同で、世界各地で数十万人のDNAサンプルを収集・解析し、人類がどのように地球上に広がったかを探る「ジェノグラフィック・プロジェクト」を今後5年かけて行うことを発表しました。

我々の祖先がたどった遺伝学的なルーツや実際に地球上を移動したルートなどを解明するプロジェクトです。

人類の歴史を調べるプロジェクトです。私も参加しました。これが送られてきたキットです。

Pict00291


中身はこれです。

Pict00301


ギザギザの綿棒のような棒で頰の内側をこすり保存液が入ったカプセルに入れます。もう一つは8時間後に同じようにDNAを採取します。

 

Pict00331


それを封筒に入れて投函。

Pict003012_4

DNAサンプルの分析は、ミトコンドリアDNAY染色体に見られる「遺伝子マーカー」をもとに行われます。

男性参加者:Y染色体による分析。父方の直系の祖先が誕生した起源を明らかにできます。
女性参加者:ミトコンドリアDNAによる分析。母方の直系の祖先が昔に移動する際の起源を明らかにできます。

一応匿名でIDナンバーによる管理ですが、自宅へ送付されていますので個人情報はバレバレでしょう。テロ活動をしたら即座にCIAかFBIに拘束されると思います。海外旅行するときにテロを口実に空港で指紋を取られることがありますが、あれはテロは関係なくて個人情報を集められているのは知っていますか?

よく個人のプライバシー云々と言う人がいますが、日本国内は当然、世界規模でDNAと指紋・生体情報を登録するべきだと思います。そうするとレイプを初め酷たらしい犯罪が激減すること間違いなしだと思いますが、皆様如何でしょうか。

|

« ONKYOスピーカーが大変なことに | トップページ | 豪州 アボリジニに過去の政策を謝罪へ »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188693/40123660

この記事へのトラックバック一覧です: 人類の広がりをDNA分析で調査する:

« ONKYOスピーカーが大変なことに | トップページ | 豪州 アボリジニに過去の政策を謝罪へ »