« 椎間板すべり症になりました | トップページ | USTヘッドフォンで聴覚トレーニング »

2008年3月27日 (木)

車用カーテンの遮光性

ブログに質問頂いていたので、夜 車内の明かりが外に漏れるか試してみた。

取り付けているのはこのカーテン

わたしの車は一番濃いフィルムを貼ってある。フィルムだけだと照明を一番明るくした携帯電話やルームランプの明かりは当然外から見える。このカーテンを閉めるとサイド・リアからは完全に遮光できるようだ。ただし、運転席側からは写真のように上部に隙間が空くのと、カーテンだけだとどうしても明かりは漏れる。完全に遮光するなら二重にするしか方法はなさそう。後、自分では閉めたつもりでもわずかな隙間があると光は漏れるし、内部で光源が動くと陰が動くので過激派や犯罪者と疑われて蜂の巣をつついた様な騒ぎになるやもしれないので、考える必要がある。

それと重要なことがある。外部がみえないとこちらも危険を察知することができなくなる。車に触る物音やノック(職務質問など)の時に寝たふりをするべきか対決するべきか判断できない。むかし激しく車を叩く音で目が覚めて、カーテンを開けたら警察官がそこにいた。飲酒していたし眠いので、そのままカーテンを閉めて寝たら数十分もしつこくノックされた。目が覚めたので頭にきて小一時間ケンカになったことがある。現場の警察官はもう少し礼儀や言葉遣いを覚えないと一般人から尊敬されなくなると思うのだが、皆さんいかがでしょうか。

|

« 椎間板すべり症になりました | トップページ | USTヘッドフォンで聴覚トレーニング »

車・アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 椎間板すべり症になりました | トップページ | USTヘッドフォンで聴覚トレーニング »