« 長野市到着 | トップページ | チベット国旗を手に入れました »

2008年4月25日 (金)

チベット問題を知る集い

チベット問題を知る集い
勉強会に参加しました。参加者が200人ぐらいいます。参加者はおとなしそうな人ばかりです。テレビ局も沢山来ています。今までメディアに黙殺されていたチベット問題に、ようやく僅かな灯りが射しました。主催者のお話の後、質疑応答になりました。最初に手を挙げた男性にマイクが渡されました。「私は中国人で漢民族です・・・」場内に緊張が走りました。

世間ではチベット人と漢民族との争いのように報道されていますが、それは違うのだと分かって頂きたい。私たちは生まれたときから神様や宗教を信じてはならない。おまえは共産党員なんだと教えられてきました。自由に宗教を信じることのできるあなたたちが羨ましい。これは民族同士の争いではなく、悪魔(中国共産党)と自由を信じる人の戦いなのです。

みたいな話をされました。言葉が流暢すぎて長すぎるので途中で止められましたが、気持ちは良く伝わってきました。この方は中国の民主化の為に活動されているそうで、国家反逆罪?で中国には戻れないそうです。

 

会場で多かったのは最近チベットの問題を知った。
善光寺が話題になってチベットに関心を持った。
長野市民の女性は「チベット問題を知って善光寺さんにどうか辞退してください。と電話させて頂いたのですが、決断頂いてとても感謝しています」と思い詰めたように語られていました。

オウムの信者のような雰囲気の人が多いのかと思ったら、皆さん至って普通です。中にはアイドルタレント並に可愛い女の子もいました。このちっちゃな女の子は旅行バックを引きながら自分の体ぐらいある大きなチベットの旗を担いでいました。テレビ局もネタになると思ったのか、インタビューしていました。

クマバチはと言うと、たぶん会場の雰囲気からは浮いていたでしょうねw

|

« 長野市到着 | トップページ | チベット国旗を手に入れました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188693/40990684

この記事へのトラックバック一覧です: チベット問題を知る集い:

« 長野市到着 | トップページ | チベット国旗を手に入れました »