« どんな寝具が一番良いのか | トップページ | フリー・チベットの為のキャンドルナイト »

2008年8月 8日 (金)

祝 政治の祭典 北京オリンピック開幕

いや〜 いよいよ始まりますね。
歴史に残る? 北京オリンピックが(笑)

じつは私はオリンピックが大嫌いです。こどもの頃は夢中で観たものですが、戦争とかを意識するようになって大嫌いになりました。

メダルを確実視されている選手が居ると、必ず「何個のメダルは確実」トップクラスの選手を捕まえてインタビューすると「金は取れますか?」などのプレッシャーの嵐(笑)メダルが取れなかったら「生きて帰るな」ぐらいの追い込み方ですよね。

予想を下回った選手には罵声の嵐。
「なんでおめおめ生きて帰ったのか?身体が動かなくなるまで戦ってこい」ぐらいの言い方でマスコミは責めます。醜い。この言い回しは醜すぎる。これを聞いていると気分が悪くなりますよ。

戦時中も、朝日新聞や毎日新聞によって「生きて帰るのは恥である」ぐらいに煽りに煽られた軍部や国民は、多くの犠牲者を出しました。実はいまも戦時中とあまり変わってないんですよね。


もう一つの理由は、むかし女子水泳選手?がオリンピックを目前にして「もう人と競うことに興味がなくなった」みたいな発言を残して出場を辞退したとテレビで観ました。
競争ごとが大好き(人と競争することでしか自分を評価できなかった?)だった私には「どうせ出場してもメダルを取る見込みがないから辞退したんだろう」ぐらいにしか思えませんでした。しかしこの気持ちは後で判りました。

本当は中国によるチベット・ウィグルなどの近隣諸国の侵略や残酷な人権問題に対して、世界はボイコットをするべきでした。個人的にボイコットした選手も大勢います。しかし多くの選手にとっては、オリンピックで成績を残せばバラ色の人生が待っていますので出場するべきでしょう。


そんなでオリンピックは見ないのですが、今回はあの中国です(笑)



きっと
歴史に残るドラマを番外編でみせてくれそうなので注目しています。

|

« どんな寝具が一番良いのか | トップページ | フリー・チベットの為のキャンドルナイト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どんな寝具が一番良いのか | トップページ | フリー・チベットの為のキャンドルナイト »