« バッテリーが死んでいました | トップページ | ついにテレビを買いました »

2010年9月20日 (月)

アースにバッテリーを使った理由

かず様からバッテリーをアースに使った理由についてコメントを頂きました。この場を借りてお答えいたします。ちなみに私は電気の知識は全くありません。

我が家では、いわゆるマイナスイオンとかマイナス電子と呼ばれるタイプの活水器を使っています。洗浄力があるので、水周りはピカピカでぬめりもありません。軟水器を併用していたので、洗濯に少し石鹸を使うくらいで洗剤は必要ありません。使わない方が綺麗になる気がします。トイレもピカピカで、臭いすらありません。(引っ越す前の話で、床や壁がタイル張りだった為)

ところが同じ水源でも設置した家によって汚れ落ちや水の味が違うのです。不思議だなと思っていましたら、アースをきちんと取れば性能が上がることが分かってきました。プラスの電流が流れるのですからマイナス分を多く含んだ水になるのでしょうか(^_^;) 

アースに掛かる電圧は300mv以上欲しいのですが、殆ど針が動かない家もあります。逆に1200mv以上出る土地もありました。発電する能力は同じな訳ですから、違いはアースの接地抵抗だと思います。アースが抜けにくい家庭で試行錯誤の末、バッテリーを使う方法を試したら凄い結果がでたそうです。アースが抜けなかったすべてのケースで300mv〜千数百mv上がるようになりました。

わが家も50mv前後しか出ませんでしたがバッテリーアースで見事350mv上がるようになりました。アースを繋いだとたん、蛇口からゴボゴボと気泡と共に真っ茶色の赤サビ水が出てきました。水道管の赤サビが取れ、黒サビに変わるとは聞いていましたが、それまでも複数の活水器を使ってましたし、この活水器を取付けて半年以上経過していたので驚きました。

アースの効果はバッテリーのプラス端子側をどこに接続するかで大きく変わります。色々試しましたが、一番電圧が上がるのがコンセントのマイナス端子です。
繋がなければ0vなので、充電されて吸収されている訳では無いようです。おそらく接地抵抗を減らすのではと思います。
バッテリーを介さずにマイナスコンセントに繋いでも大して上がりませんので、この組合せが最強でした。

バッテリーで効果があるなら、リチウムイオン電池やニッケル水素電池ではとテストしましたが全くダメでした。鉛バッテリーの構造なのか、電池の内部抵抗なのか、電池との接触抵抗などが関係するのでしょうか。

その経験をオーディオに応用してみた訳です。

かず様、お返事が大変遅くなり申し訳ありませんでしたm(_ _)m

|

« バッテリーが死んでいました | トップページ | ついにテレビを買いました »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188693/49495805

この記事へのトラックバック一覧です: アースにバッテリーを使った理由:

« バッテリーが死んでいました | トップページ | ついにテレビを買いました »